近況の記事一覧

絶賛活動中です。

長い沈黙の期間が続いてしまい、失礼しております。

頻繁な情報の発信、ホームページの更新がままならない状況が続いておりますが、

「できるか、できないか」と逡巡するのではなく、「やるか、やらないか」という発想で

バリバリ活動しております(新規のご相談・ご依頼、大歓迎です)。

また折を見て、情報発信をさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

そこにいない人を話題にする

久しぶりの更新となります。

今年訪れた変化といえば、調査としてお邪魔する以外にも、様々な形で事業者様の所にお伺いすることが増えてまいりました。

これまでにも、グループホーム(認知症の方々の生活の場)の運営推進会議にてお話しする機会はありましたが、それに加えて、①家族懇談会、②夏祭り、③運動会、はたまた④見学など、文字通り、お邪魔しております。

評価(調査)としてではない形でお邪魔させて頂くと、とても新鮮な場面に遭遇することがあります。

○欠席者を話題にする

本人のいないところでその人の話題は持ち出さない、というのは、多少の例外はあるにせよ、おおよそ一般的な通念といってよいかと思います。

しかし、これが意外な展開を見せる場合もあります。

先日、とあるグループホームにお邪魔して、家族懇談会、運営推進会議、その後の食事会に参加させて頂きました。 

いくつか印象的なことがあったのですが、その一つが、家族懇談会の席上での出来事。

家族懇談会ですので、当然、主な出席者は、入居者のご家族。その数、4名。

ホームの管理者からは、出席者のご家族である入居者の近況、援助方針について、テンポよく報告がありました。

そして、4名の入居者についての報告が終わった後、次の議題に移るのかと思いきや、そのまま、他の入居者の生活状況や援助方針に関する話が続きました。「他の入居者」というのは、つまり、そのご家族が欠席されている方々。

なかなか不思議な光景だったので、その後の食事会の席で、ホームの方に「なぜ欠席者家族の入居者の近況についても、他の家族に説明したのか」、伺ってみました。

ホームの方が教えて下さった、そのわけは・・・。

○他者への関心から積極的な関わりへ

以前、欠席家族の入居者についての近況報告をしなかったところ、別のご家族の方から

「○○さんはどうしてるの?」

との質問が出たそうです。

それに対して、ホームの方は、

「少し食欲がなくなってる」

と、その入居者の様子についてお知らせしたそうです。

すると、

懇談会後の食事会の席で、食欲が落ちているといわれた当の入居者に、上記質問をした方(つまり、他の入居者のご家族)が、食事を勧める姿が見られたそうです。

なんと素敵な光景でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蛇足ですが、こちらのホーム、台所にまな板が4枚もありました。木製の、立派なものです。 

「ああ、ここでは、食事作りに参加する楽しみがあるんだなあ」と思わされました。 

当たり前の生活、それを支える「黒子」としての職員さんの頑張りに感動を覚えた、貴重な一日でした。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申上げます。

頻繁な情報の発信、ホームページの更新がままならない状況が続いておりますが、社員一同、馬車馬のように走り続けております。

年度末まであとわずかではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱にほんの福祉ネット

人が発する言葉、言葉が語る意識

(1) 破壊された街を復旧させていると、ダメージを受ける以前の(元の)自分自身を回復しているかのように感じる。

(2) ただ元に戻す復旧ではなく、創造的な復興案を示してほしい。

さて、それぞれ、どのような立場の人が発した言葉でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)は、ハリケーン・カトリーナにより打撃を受けたニューオリンズのある被災者の言葉。

(2)は、ある被災地の復興策をめぐる某国首相の言葉。

(2)は、ノーベル経済学賞(俗称)を受賞したある経済学者の次のような言葉と重なります。

ニューオリンズ市内の学校の壊滅的な状況を念頭に置いて曰く、

(3)これは悲劇である。そしてまた、教育システムを根本的に変えるための、またとないチャンスでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)と(3)は、カナダのジャーナリストであるナオミ・クラインによる“The Shock Doctrine”の序章“Blank is beautiful”(まっさらな紙は美しい)で紹介されている言葉です。

(1)は、失われた暮らし-住み慣れた街、関わりのあった人、思い出、その他諸々の人としての営み、その積み重ねなど-が、人にとってどれほど大切なものであったのかを物語ります。

(2)は、さて何なんでしょうか? 困りました。ネット上で“拾った”言葉らしく、なんとも軽く、また薄い。そしてその実、恐ろしく残酷な言葉です。

「ただ元に戻す復旧ではなく」「創造的な復興案」、、、人にとっての故郷や失われたものの意味、失った人の気持ち、そんなもんは知らん、さーて新しい街でも作るぞ!-こんなところでしょうか。

(3)は凄いですね。実はこういう輩、某国の政治家・大学教授などにも時々います。(2)のような言葉を発する人間のブレーン(と言って本当に良いのか?)である場合もあります。

このように見ると、言葉はとても正直に自己を語ります。自分の言葉にも自分自身が表れているかと思うと、しばし考え込んでしまう今日この頃です。

切る言葉、つなげる言葉

とある若き評価者とのお酒の席でのお話。当時の彼は、高齢者施設に勤務。

お酒もすすみ、ついつい追加オーダーする私。

私:「○○2つ下さい」

店員さん:「すみません、あと一つしかないんです」

ここで、注文を止める場合、皆さんならどのように返しますか?

ちなみに、その時の私の返答。

「じゃ、いいです」

間髪いれず、若き評価者曰く、

「次来た時に楽しみにしてます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ事柄であっても、捉え方や表現には様々なものがあります。

そして、様々なものがあるのであれば、より良いものを選びたいものです。

さらに望むべくは、それを意識しなくとも出来るようになることですが。

「じゃ、いいです」と(そのつもりがなくても)断ち切るような表現では、関係はそこで終わり。発展の可能性は消えてしまいます。

これに対し、「次来た時に楽しみにしてます」との表現では、相手との間に、次につながり得るポジティブな心の循環が生まれます。

豊かな言葉の使い手(=豊かな心の持ち主)のまわりには、当然のことながら、豊かな人間関係があります。

支援―やる気を漲らせる都内施設

震災の発生から、はや2週間が経過しました。

被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の現状が明らかになるにつれ、いたたまれない思いにかられます。

そんな中、福祉の現場では、現地への職員の派遣、被災者の受け入れなどに、積極的な姿勢を見せる方々がいます。

以下は、神戸で被災した経験をお持ちの都内特養の施設長様からうかがったお話です。

・神戸が震災に見舞われた際、特に支援に熱心だったのが、浅野史郎知事(当事)率いる宮城県だった。宮城が窮状に陥った現在、神戸の方々が“燃えている”。同じく、被災した新潟の方々も。

・施設職員には、東北出身者もいる。被災地への介護職員の派遣については、多くの職員が手を挙げている(すでにメンバーは選定済み)。

・施設長のところは、ショートステイやデイサービスを併設する、いわゆる複合施設。曰く、「いざとなれば、併設の在宅サービスの営業を休止してでも、被災者を受け入れる」。当然、現在の利用者に対するフォローも行なうのが前提。

・また、さらに曰く、「近隣の団地に支援が必要な被災者が滞在することになれば、職員を派遣する」。その際には、都内のヘルパー経験者の方々の力が必要になることも。

お話し頂く際の施設長様の表情は、冷静な中にもやる気を漲らせていました。また、非常に前向きでした。

「出来るか出来ないか」を論じるのではなく、「やるかやらないか」の決断で動く―施設長様のお話は、聞く者をも前向きにさせます。

施設を舞台とした支援が展開される際には、微力ながら協力させて頂きたいと思います。

理念、理念、理念~「良き何か」に向かうということ

ちょっと感動を覚えてしまったので、某国の新首相の会見を抜粋します(非常にクリアな英語です)。

連立を組むことになった経緯を述べた後、次のように述べます。

2:08~

“I believe that is the right way to provide this country with the strong, stable, good and decent government that I think we need so badly.”

「これ(=連立を組むこと)こそが、我々が本当に必要とする政府―強く、安定的で、良き、真っ当な政府―をこの国にもたらすための、正しい方法なのです。」

さらに演説は続きます。

2:19~

“Nick Clegg and I are both political leaders who want to put aside party differences, and work hard for the common good and for the national interest. I believe that is the best way to get the strong government we need, dicisive government we need today.”

「(連立を組む)政党間の相違はひとまずわきにおき、共通善と国益のために頑張りたい―(保守党党首の)ニックと私とは、ともにそのように考える政治家です。これが、我々に必要な強い政府、今必要な決定力のある政府を作る最善の方法なのです。」

ここには、進むべき方向性が不明瞭なスローガンは出てきません。あるのは、goodであり、decentであり、the common goodです。

より良いもの、崇高なものに向かうこと―このことこそが、個人であれ、人の集団である組織であれ、健全でありうる、あるいは、少しでも真っ当でありうるための源泉なのかもしれません。この意味で、昨年度関わりを持たせて頂いたとある認証保育所は、誠に誠に良い例でした。

「○愛」、「反○○」、「○新」・・・、理念の出番なき劇というものは、役者を醜くしてしまうもののようです。

goodや、decent、the common goodといった言葉がなんの躊躇もなく、澱みもなく出てくること。

どんなに荒廃した時代でも、健全な精神はこんなところで顔を見せてくれます。

なんだか救われた思いがすると同時に、彼の国をうらやましくも思う今日この頃です。

※“decent(ディーセント)”とは、語源的には “decet=fitting=ぴったりの、適当な、ふさわしい”であり、第一義的には「きちんとした」の意。では、何を基準に判断して「きちんと」しているのかといえば、decentが「道徳にかなった」との意味も持つことを考え合わせると、「価値の体系としての常識(良識)を基に判断すると、きちんとしている」ということだと解釈できます。

出会い

ブログ開設からはや3ヶ月が経とうとしています。

現在、約50事業所における評価を同時進行で実施させて頂いております。

継続してご依頼頂いている事業者様、再び機会を与えて頂き、感謝いたします。今年度も引き続き真面目に取り組ませて頂きます。

初めて当社をお選び頂いた事業者様、ご期待に沿えるよう、誠心誠意取り組ませて頂きます。

入札という選ぶ余地のない形で当社に出会われた公立事業者の皆様、相手を選べない結婚でも幸せになった例はあります。今しばらく、ご辛抱下さい。

さて、受ける側としては負担以外の何物でもない第三者評価ですが、こちらとしては意外な出会いに驚かされることもあります。

とある保育園での出来事。

今ではいいおじ様となられた園長先生曰く、

「○○先生(当社評価者)のところで、○十年前に保育実習を受けました。」

珍しいケースでは、

男性保育士全国第1号の園長先生にもお目にかかりました。

曰く、

「なったばかりの頃は、マスコミの取材も来ました。周りからも『なんで男性が・・・』といった質問ばかり受けて(苦笑)。」

その他、

「障害者同士の結婚の仲立ちをした数ではおそらく一番だ!」

と仰る施設長など、

様々な印象深い出会いに恵まれております。

制度に則った調査ではありますが、

一つひとつの出会いに感謝しつつ、

丁寧に実施していきたいとの思いを強くする三谷でした。

当ホームページをご覧の方々へ

本日、当社ホームページが公開されました。

まずは、当ホームページの製作を担当して下さった「ウェブライダー」の皆さんに心から感謝いたします。

ウェブライダーとは、京都を拠点に活動するホームページ製作チームで、少数先鋭のプロ集団です。代表者は<松尾シゲオキ氏>。氏は音楽家プロデューサー・レーベル主催者などの顔も持ち合わせています。

ウェブライダーの皆さんは、高い技術力、斬新な発想、果敢な行動力で、顧客のニーズに応え、高い信頼を得ている現代の匠です。今回、当方の曖昧模糊とした要望から明確な方向性を見つけ出し、ホームページという作品に結実して下さいました。改めまして、心より感謝いたします。

今後は、当ブログを中心にして、当社の活動状況を始め様々な情報を発信してまいります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社にほんの福祉ネット 第三者評価事業部

三谷(みたに)

追伸

当社の各種プロジェクトに参画するメンバーの紹介は、近日中に行わせて頂く予定です。

2009年08月28日 | 当ホームページをご覧の方々へ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 事務連絡 近況